ジェイソン・ウイリアムスは肘の人

メモ帳
11 /19 2019
NBA(アメリカのプロバスケットボールリーグ)のお話です。

YouTubeのNBA公式チャンネルに、ジェイソン・ウィリアムスのベストパスダイジェスト動画が出ていました。

2011年に引退したプレイヤーですが、2000年代を代表するスーパースターです。
特に、パスのセンスは魔法の様です。
そう、あのマジック・ジョンソンを思わせるような…。

時々、人の名前を忘れる事があります。
ジェイソン・ウイリアムスの名前を忘れた時、ほとんどの人はこう言います。

「ほら、あの、肘の人」

みんなが真似をした、あの肘の人ですw

懐かしの「肘」は、動画の最後に出てきますv

Jason Williams' Most Amazing Passes | NBA Career Highlights
【画像クリックで再生(YouTube)】

※紹介する動画は公開終了などにより無い場合があります

やっとチームレベル35になりました 『ドラゴンクエスト10』

ゲーム日記
11 /17 2019
『ドラゴンクエストX Ver.5 いばらの巫女と滅びの神』

苦節30年!(気持ち時間です。ドラクエ10は今年で7周年)
やっと、チームレベルが35になりました。
チームユニフォーム『和風装束』が着れるようになりました。
色はもちろん、ドワーフ色に設定しましたv

dq0057.jpg

ついでに、髪型も変えてきました。
奥さんは、この髪型が、かなりお気に入りの様です。
私は、以前もやった《メレブカット》が、二色版になっていたので、それを。
…何だか帽子に見えるけどねw

私達のチームは、複数アカウントでキャラ達総動員のチームです。
プレイヤーは、私と奥さんの二人v

二人のチームで、チマチマとチームレベルを上げてきました。
7年でやっと35です。
のんびりです、そう、のんびりですv
服とポーズが欲しいので、今後も、チマチマとレベル上げをする予定です。

次の目標は、レベル40の『もののふ』ポーズ書。
チマチマと経験値をためますv

現在最高レベルは65!
あと数年かかりそうですが、チマチマと頑張りますv

そう、チマチマと…チマチマと/

落書きばかりの問題児少年がレストランの壁を彩る

●色々な事
11 /16 2019
イギリスのお話です。

英国シュロップシャー州に住むジョー・ホエール君は、従業中にノートに落書きばかりしている問題児でした。
さらに、教室のホワイトボードにも落書きをするそうです。

専門家に意見を求めれば、何かしらの障害名がつくような状態だと思われます。
親の判断(性格)によっては、一大事です。

…が、ジョー君の両親は、絵を描く事をやめさせようとは、しませんでした。
逆に、彼がもっと絵を描けるように、絵画教室に通わせたそうです。

絵画教室の先生は、ジョー君の絵を評価して、どんどんInstagramに登場しました。
すると、その投稿を見たレストランのオーナーが、ジョー君に仕事を依頼!
お店の壁に絵を描く事になりました。

ジョー君の父親グレッグさんは、取材を受けてこう言っています。

-----記事より引用-----
子どもが持つ情熱や夢を理解すること。
そしてそれに関連したワークショップやグループを探してあげることが大切です。
--------------------

人によっても考え方は違いますし、国によっても子育ての方法は違います。
人生に正解は無い中で、もし、子供に一般的ではない部分があった時に、どう対処するかは、非常に繊細で重要な問題だと思います。

今回の場合は、ジョー君の絵に対する興味(情熱)を、問題と考えるのか才能と考えるのか…。

才能と考えた方が、良いと思うのです。
そして、グレッグさんが言うように、好きな事が出来る環境を与える事が重要だと思います。
好きな事を制御されれば、どんな人間もストレスがたまります。
それが、子供なら、なおの事です。
これは、逆効果です。

学校で絵を描いていると、問題児です。
ですが、絵画教室で絵を描いていると、問題児ではありません。

現在は、インターネットの普及もあり、個人の様々な才能や趣味を共有する事が出来ます。
学校では問題児だったジョー君が、ネット上では、絵が好きな人達にとっては、《優秀な絵描き》さんです。

割合的には少数かもしれませんが、世界中に、一般的ではない特徴を持った子供達がいると思います。
その特徴が直接他人に迷惑をかけるような事でなければ、その特徴を存分に発揮できる場所を、作ってほしいと思います。

どんな人生にも、必ず、良い部分も悪い部分もあります。
それならば、自分が楽しい(充実する)と感じる人生を、おくった方が良いと思います。

参照した記事はこちら!(Yahoo!記事)

『Closer』を50年代風のアレンジで♪

今日の一曲
11 /15 2019
今日の一曲♪

懐かしいアレンジのカバーを展開するチャンネル《PostmodernJukebox》から!
『Closer』を、50年代アレンジで♪

ボーカルは《Kenton Chen》です。
キャラがとても魅力的v

▼Closer - Retro '50s Prom Style Chainsmokers / Halsey Cover ft. Kenton Chen
【画像クリックで再生(YouTube)】

※紹介する動画は公開終了などにより無い場合があります

「Hey!」が、ひじょ~に気持ちいいですね。
オリジナルよりも、こちらのバージョンの方が好きです。

『東京VICTORY(ビクトリー)/サザンオールスターズ』歌詞付き cover by こすぎだいふく

・カバー曲(cover)
11 /14 2019
『東京VICTORY(ビクトリー)/サザンオールスターズ』
フルコーラス宅録カバー歌詞付き
作詞・作曲 桑田佳祐

2014年発表、サザンオールスターズ55枚目のシングル。
2015年発表のアルバム『葡萄』の9曲目に収録。

vocal こすぎだいふく
chorus こすぎあんこ
produce こすぎだいふく(Daifuku Kosugi)(ドラクエ団)
宅録 Cubase/DAW・DTM(石川県小松市)

【画像クリックで再生(YouTube)】